もし過去が借金問題だった時の対応法

これってどうなの?過去の借金が夫にバレたら離婚の原因に!?

男女問わず「どうしても金欠で借金に手を出しちゃった」や「ほしいものがあったからカードローンで買っちゃった」という人は少なくありません。それを完済してしまえば後ろめたさはなくなるのですが、そのことがパートナーにわかってしまった時、いったいどうなるのでしょう。

男性の場合は「ちゃんと返すから心配ない」とあっさり認めてしまうか「あれは過去のことだから今更蒸し返すな」と逆切れしてしまうこともあります。これが逆の立場、例えば女性が借金をしていたことがばれてしまった場合、どうなってしまうのでしょう。

もし結婚前に多額の借金をしていた場合であれば、自己破産や任意整理といった手続きをすることで借金から逃れることができます。ただし周りの人に迷惑をかけたという事はきちんと覚えておかなければいけません。例えば連帯保証人を付けていた場合にその人にも迷惑は掛かります。

もし連帯保証人に夫がなっていた場合、これは素直に「どうしてそうなったか」という事を話さなければなりません。妻が自己破産をした場合は夫にも支払いをしなくてはいけないことになりますので、一番大切な人に迷惑がかかると思って差し支えはないのです。

この段階で離婚を迫られることにもなってしまいます。

あと、夫の両親に借金をしていた場合なども離婚の対象になるでしょう。「家を買う」、「養育費がいる」などといったことでお金を借りたとすれば、もしそれが本当であって家計が苦しくとも自分たちは自分たちで稼がなければいけないのです。過去に自分が借金をしたことがある場合、そしてそれが完済していても完済していなくとも素直に話をするのが筋というものなのです。

結婚してからお金はかかります。特に子供が生まれると成長するにしたがって養育費がかさんできます。何人も子供を作った時もそれが繰り返されるのです。昔とは言え借金をした人に金銭感覚があるとは到底思えません。

ですのでこまめに家計簿をつける、どのくらいまでこの部分は出してもいいか、という事がわからない場合などはしっかり夫婦間で話し合う事が必要となってきます。

子供が成長すれば高校、大学とさらに学費がかかってきます。その時に子供に辛い思いをさせないためにも夫に過去を話したうえで、借金の完済や生活費の管理に協力してもらう事が必要となってきます。

離婚せずにいられるには話し合いが必要です。「嫌われる」と思って話さない方がかえって嫌悪感を抱かせてしまいます。そうならないためにも離婚する・しないのまえに話し合いましょう。

Copyright (C) 2017 無職やブラックでも利用可能なの?キャッシング会社一覧 All Rights Reserved.