法律で決まっている事なので返す義務はある

借金を踏み倒せるって本当?時効とか引っかからないって聞いたけど…

基本的に借りている借金を踏み倒すことは不可能である。例外としてローンを組んだものが死亡した時などは会社によっても契約の仕方が違うので一概には言えないが、ローンに保険が付いていて、その保険金で借金を返済するという事もありうるようだ。

しかし個人個人で借りたときなどはきちんとした双方の署名や捺印がしてある「契約書」もしくは「宣誓書」がない場合は「返す」「返さない」といった水掛け論になってしまうので、その点は貸す側、借りる側双方がしっかりと自覚をしておかなければならない。

そしてサラ金などの時効というものはあることはあるが、まず本人がいなくなったとしてもその周りの人、配偶者や両親、時には兄弟姉妹にまで責任が及ぶことがあるので注意をしなくてはならない。

簡単に借りて簡単に逃げようとしてもそれはできないという事をまずは覚えていなくてはいけない。

借金を遅延するという事は相手、これはローン会社や消費者金融が何らかの形で警告を発し、それを無視しているという事になるので、会社側からすると様々な形で借りた本人を見つけだし、しっかりと返済をする約束をしなければならないことになっている。

特に闇金融などは法律を無視している場合もあるので、時効というものがあってないような借金になっている。この事から借金を時効などと言って踏み倒すのはほぼ不可能に近いと言って過言ではない。

借金が返せずに自殺をしたり失踪などをして姿をくらますことなどが一年に何軒かは起こっているが、それによって本当に借金を返済することになるのだろうか。

例えば一時期「自分が入っている保険金で借金を完済してほしい」と言って自殺する人が増加したことから、保険会社によって年数は違うが、保険加入後2~3年間は自殺によって保険金が払われることがないようになってきている。これも一種の時効と言っても過言ではない。

ただしそれによって身内に負担がかかる事をきちんと覚えておかなければならない。

人間が苦しい局面に立った時、どうしても楽な方へ向いてしまいがちだが、借金をしたのは自分自身であり、それを他人や時に押し付けて「どうにかなるさ」という事にすることだけは避けたいものである。やはりそれは人間として約束を果たさない「信頼のない人間」として社会に存在してしまうものである。

借金が何らかの理由で返済期間までに返すことができないときは必ず相手の会社などに相談をして、返済金額を減額したり、日数を相談してどうにか返すことができるようにするなどの手を尽くせばいいので、一人で悩む、もしくは簡単に考えてしまう前にきちんとした話し合いをすることが必要なのだ。

Copyright (C) 2017 無職やブラックでも利用可能なの?キャッシング会社一覧 All Rights Reserved.