金がらみの問題を抱えて借金ができない理由

借金ができない!消費者金融でも借りれないのはどうして?

何をしてもどうしても消費者金融の会社から「今回の融資はお断りさせていただきます」、「お客様のご希望に添えません」という手紙が来るときは過去の借金やローンといったものの返済ができていないという事があるはずです。

複数の会社でキャッシングやローンを組んでいたり、その返済が遅延していたりという時は何をどうしても消費者金融はお金を貸しません。なぜなら返す能力のない人にお金を貸すという事は会社にとってマイナスなことなのです。

利子も低くなっている現在、このような人にお金を貸してもメリットはなくデメリットなことしか起こらないのです。この事から消費者金融は調査を重ね、貸せない人には金を貸すことができないとはっきりと言うのです。

ですから「どうして貸してくれないんだ」という人に限って理由を理解していない人が多いのです。結局は借金をする人は自己管理のできない人というレッテルを張られてしまうのです。ローン会社の調査で借金ができないと見なされればほとんどの消費者金融の会社で「借金はできない」と言われてしまう事がほとんどです。

ただ、このようなときにどうしてもと言って闇金融などの法律の範囲外の消費者金融の会社を利用することは賢明なことではありません。

どうしてかというと、ローン会社や消費者金融、銀行系カードローンといった調査を行なう会社できちんとした調査を行うのに対し、法律の闇をかいくぐっている闇金融というのは利子を法定外にして借金を申し込んできた人たちを食い物にしているのです。返済できない、借金が他の会社からできないとわかっていながら貸すという事は強制的に働かせて借金を返すように差し向けたりすることがあるのです。

結局は消費者金融で借金を断られるという事は「信用がない」と言われてしまっていると言っていいのです。

自分が過去に何もした覚えがない、だけれども消費者金融から借金を断られたという事もあるかもしれません。その時は残念なことですが、身内に債務整理や自己破産を申請した人がいるかを確認しましょう。関係ないように思えるのですがその人の保証人になっていたりすれば先に身内の借金を返すことから始まる場合もありますので注意しなければなりません。

まずは借金をしないような生活をすることが一番ですし、もしローンを組んだりなどという事をした場合は返済をきちんと行い一刻も完済をすることが必要です。また、複数回借金をする、もしくはキャッシングを繰り返すという事をおこなう事は避けるようにすることも必要です。

借金とはとてもシビアなものだという事を覚えておくことが重要です。

Copyright (C) 2017 無職やブラックでも利用可能なの?キャッシング会社一覧 All Rights Reserved.