借金は枠があり、それを復活するのは難しい

以前借りたキャッシングに枠がある、それは復活できないのか?

カードローンやキャッシングはいつまでも大量にお金を借りられるわけではありません。その人の収入に合った額が設定されているため、その枠以上借りようとしても借りられないのです。それは消費者金融でも一緒です。

ですので枠を増額する、イコール借りる額を増やすことというのはよほど金融機関に信頼されていても無理なときは無理なのです。返済が滞ることなくしっかりと毎月決められた額を返していなければその時点で「借金する資格がない」という風になってしまっているのです。

キャッシングの枠も返済が滞っていたり他の消費者金融などで延滞があるといった金融事故を起こしていれば融資する枠も復活できません。それがお金の貸し借りというものなのです。

すべては信頼から成り立つ、それは物においてももちろんですがお金に関することでは一番重要なのです。

よく「利子を倍にして返すから」というセリフが出てくることがありますが、そのようなことが本当にできるかと言えば「できないからもう少し待っててくれるかな」や「もう少しお金を貸してほしい」という裏の声が聞こえてくるのです。

過去に借金を返済する際に返す日取りを守ることができなかった、もしくは返済する額が準備できずに無視してしまったという事は完全に人との約束を破ったことになります。そうなると以前のキャッシングの枠の回復もできなくなってしまうのです。

一度破った約束を復活させることは困難です。

また、そのような遅延などの情報は確実に他の消費者金融やカードローンの会社に出回ります。この事から「ここのキャッシング枠が復活できないから違うところでまた契約しよう」という事を考えてもほとんどできないと言ってもいいでしょう。

ただそんな中でも借金ができるところというのはそういう人を助けるように見せかける闇金融の会社です。「他の会社でキャッシングができないならうちは審査もなし、過去の遅延も関係なくお金を貸しますよ」という甘い文句を吹きかけてきます。その文句に載ってしまい、結局元の借金の金額の倍以上という金額だけが残ってしまうこともあるのです。それが借金、カードローンといったものの怖さなのです。

「まだ残金も余裕で残っているし、いざとなったら枠の復活もできるから大丈夫」、そんな考え一つで人生が狂ってしまう事があるのです。

お金というものは本当に怖いものという事を覚えておかなければいけないのです

Copyright (C) 2014 無職やブラックでも利用可能なの?キャッシング会社一覧 All Rights Reserved.