ブラック キャッシング

借金を踏み倒せるって本当?時効とか引っかからないって聞いたけど…

基本的に借りている借金を踏み倒すことは不可能である。例外としてローンを組んだものが死亡した時などは会社によっても契約の仕方が違うので一概には言えないが、ローンに保険が付いていて、その保険金で借金を返済するという事もありうるようだ。

しかし個人個人で借りたときなどはきちんとした双方の署名や捺印がしてある「契約書」もしくは「宣誓書」がない場合は「返す」「返さない」といった水掛け論になってしまうので、その点は貸す側、借りる側双方がしっかりと自覚をしておかなければならない。

そしてサラ金などの時効というものはあることはあるが、まず本人がいなくなったとしてもその周りの人、配偶者や両親、時には兄弟姉妹にまで責任が及ぶことがあるので注意をしなくてはならない。

簡単に借りて簡単に逃げようとしてもそれはできないという事をまずは覚えていなくてはいけない。

借金を遅延するという事は相手、これはローン会社や消費者金融が何らかの形で警告を発し、それを無視しているという事になるので、会社側からすると様々な形で借りた本人を見つけだし、しっかりと返済をする約束をしなければならないことになっている。

特に闇金融などは法律を無視している場合もあるので、時効というものがあってないような借金になっている。この事から借金を時効などと言って踏み倒すのはほぼ不可能に近いと言って過言ではない。

借金が返せずに自殺をしたり失踪などをして姿をくらますことなどが一年に何軒かは起こっているが、それによって本当に借金を返済することになるのだろうか。

例えば一時期「自分が入っている保険金で借金を完済してほしい」と言って自殺する人が増加したことから、保険会社によって年数は違うが、保険加入後2~3年間は自殺によって保険金が払われることがないようになってきている。これも一種の時効と言っても過言ではない。

ただしそれによって身内に負担がかかる事をきちんと覚えておかなければならない。

人間が苦しい局面に立った時、どうしても楽な方へ向いてしまいがちだが、借金をしたのは自分自身であり、それを他人や時に押し付けて「どうにかなるさ」という事にすることだけは避けたいものである。やはりそれは人間として約束を果たさない「信頼のない人間」として社会に存在してしまうものである。

借金が何らかの理由で返済期間までに返すことができないときは必ず相手の会社などに相談をして、返済金額を減額したり、日数を相談してどうにか返すことができるようにするなどの手を尽くせばいいので、一人で悩む、もしくは簡単に考えてしまう前にきちんとした話し合いをすることが必要なのだ。

母子家庭で働けない、生活費のために借金したいけどだめなの?

晩婚化が進んでいる一方で離婚する夫婦も増えてきているのが現状です。子供がいるときは親権をどちらがもつのかという事が問題になってきますが、経済的に余裕のある親の方に子供は引き取られるケースが多くみられます。

しかし近年の離婚率の上昇によって、母子家庭でどこまで生活できるかという事が問題となっていることも確かです。特に最近は雇用の問題もありますし、一人で子どもを育てるという事は並大抵のことではないことは確かです。

そこで子供の教育のために借金をするケースも出てきています。そのような場合は本来なら仕事をしておりきちんと返済をできる環境にある場合ならいいのですが、まだ子供が幼い場合は仕事もし、それでも生活できなければやむを得ずですが借金を申し込むことも頭に入れとかなければいけません。

ですが、どうしても生活費が足りない、もしくは仕事を探してもなかなか雇ってもらえず、その間に子供が成長してしまう事もありうるのです。

その場合はきちんと審査をし、相談などに乗ってもらえるところからお金を借りることが重要なポイントになってきます。審査も甘く、それでも返済だけはきっちりと行なうような業者にはあとで苦しめられることが多いのです。

特に母子家庭の場合で子供がまだ進学をしていないときというのは働くことができないケースが多いので、住んでいる地域の福祉貸付金などを利用することも手段としてはあります。

しかしそれでもその貸付金には限度がありますので足りない場合も出てきます。そのようなときに消費者金融やカードローンといったものに安易に手を出してしまうと、後になってさらに返済が大変になることもあります。

収入と返済のバランスが悪くなり、最悪の場合どこのローン会社も貸してくれなくなるのです。

そうならないためにもまずは住んでいる市区町村の相談窓口に経済的な相談をするところがあれば相談をすることが必要ですし、求人も子供がいることを考慮してもらえるような職場を探す、もしくは紹介してもらうといったことができます。

このようなことは個人情報ですので周りに情報が漏れるという事はほとんどと言ってないでしょう。いろいろな事情が個人にはありますので、母子家庭、最近では父子家庭というものが多くなってきています。

苦しんでいる家族にどう最低限度の生活ができるようになるかというところが必要でもありますし、金銭面で苦しまないようにするために様々なことを考えなくてはいけません。

母子家庭でも事情を考慮して貸し付けをしてくれる会社もありますので、ここでも安易に闇金融に手を出さず、相談できる場所に話すことから始めることが必要となってきます。

借金ができない!消費者金融でも借りれないのはどうして?

何をしてもどうしても消費者金融の会社から「今回の融資はお断りさせていただきます」、「お客様のご希望に添えません」という手紙が来るときは過去の借金やローンといったものの返済ができていないという事があるはずです。

複数の会社でキャッシングやローンを組んでいたり、その返済が遅延していたりという時は何をどうしても消費者金融はお金を貸しません。なぜなら返す能力のない人にお金を貸すという事は会社にとってマイナスなことなのです。

利子も低くなっている現在、このような人にお金を貸してもメリットはなくデメリットなことしか起こらないのです。この事から消費者金融は調査を重ね、貸せない人には金を貸すことができないとはっきりと言うのです。

ですから「どうして貸してくれないんだ」という人に限って理由を理解していない人が多いのです。結局は借金をする人は自己管理のできない人というレッテルを張られてしまうのです。ローン会社の調査で借金ができないと見なされればほとんどの消費者金融の会社で「借金はできない」と言われてしまう事がほとんどです。

ただ、このようなときにどうしてもと言って闇金融などの法律の範囲外の消費者金融の会社を利用することは賢明なことではありません。

どうしてかというと、ローン会社や消費者金融、銀行系カードローンといった調査を行なう会社できちんとした調査を行うのに対し、法律の闇をかいくぐっている闇金融というのは利子を法定外にして借金を申し込んできた人たちを食い物にしているのです。返済できない、借金が他の会社からできないとわかっていながら貸すという事は強制的に働かせて借金を返すように差し向けたりすることがあるのです。

結局は消費者金融で借金を断られるという事は「信用がない」と言われてしまっていると言っていいのです。

自分が過去に何もした覚えがない、だけれども消費者金融から借金を断られたという事もあるかもしれません。その時は残念なことですが、身内に債務整理や自己破産を申請した人がいるかを確認しましょう。関係ないように思えるのですがその人の保証人になっていたりすれば先に身内の借金を返すことから始まる場合もありますので注意しなければなりません。

まずは借金をしないような生活をすることが一番ですし、もしローンを組んだりなどという事をした場合は返済をきちんと行い一刻も完済をすることが必要です。また、複数回借金をする、もしくはキャッシングを繰り返すという事をおこなう事は避けるようにすることも必要です。

借金とはとてもシビアなものだという事を覚えておくことが重要です。

なぜ?調査の結果お金が借りられないケースも

お金を借りる際には必ず「身辺調査」というものをしています。

収入があり、返済が滞りなくできるのか、会社は倒産などの危険性がないか、もし借り手に何かあった時に身内がいるかどうかなどです。もちろん以前サラ金やカードローンを利用したことがあるか、その時に連絡なく滞納したかどうか、さらにいえば自己破産や債務整理をしたことがあるかも調査の中に入ります。それだけ借金をするときというのは調査に調査を重ねているのです。

しかし現在は「調査なしで即貸します」、「審査3分でOK」などという言葉がインターネットのバナーや電車の広告に書いてあります。本当に貸してくれるのかと思って審査を申込んだら貸してもらえなかった、という人もいるようですが、そのようなケースのときというのは過去に何かのローンの審査が通らなかったりすることもあるはずです。

以前ショッピングやカードローンで返済が遅延した過去があったり、何か所も同時にお金を借りている場合はその会社ごとに金融事故が起こっていないかを調査し、最終的な調査結果を基にお金を貸すかどうかを決めるのです。貧乏だった時にこのサイトに助けられました。

ですので「何もないのに調査で貸すことができないといわれた」という場合は何かしら過去にローンなどで金融事故を起こしていないかどうか、何重にもローンを組んで買い物をしていないかという自分の身の回りのことを見直さないといけません。

この時「どこも貸してくれない」からと言って闇金融などの法律に触れているような金融会社に借金を申し込むことは絶対にしてはいけません。

なぜならそういうところは調査の前にまず借金ありきというところなので、まずはお金を貸します。その後に何か問題があったから返済ができないといったからと言ってもそういう事がないという事で貸したと言われたらこちらは何も言えないのです。

私たちの身の回りは最近簡単にローンを組むことができたりキャッシングをすることができます。一見自分のお金だと錯覚することがあるのですがよく考えてみるとそれは一時的にお金を借りているだけで、毎月そのお金に利子をつけて返しているという事なのです。

そこが自分で買い物することとローンなどを組んで買い物をすることの違いなのです。借金をするときに調査をすることというのは非常に必要なことなのです。調査でローンができないという時は素直に従い、しっかりと自分のお金を使うべきなのです。

人に頼ることをせずに自分の力で物事を行いなさい、と調査は物語るのです。

以前借りたキャッシングに枠がある、それは復活できないのか?

カードローンやキャッシングはいつまでも大量にお金を借りられるわけではありません。その人の収入に合った額が設定されているため、その枠以上借りようとしても借りられないのです。それは消費者金融でも一緒です。

ですので枠を増額する、イコール借りる額を増やすことというのはよほど金融機関に信頼されていても無理なときは無理なのです。返済が滞ることなくしっかりと毎月決められた額を返していなければその時点で「借金する資格がない」という風になってしまっているのです。

キャッシングの枠も返済が滞っていたり他の消費者金融などで延滞があるといった金融事故を起こしていれば融資する枠も復活できません。それがお金の貸し借りというものなのです。

すべては信頼から成り立つ、それは物においてももちろんですがお金に関することでは一番重要なのです。

よく「利子を倍にして返すから」というセリフが出てくることがありますが、そのようなことが本当にできるかと言えば「できないからもう少し待っててくれるかな」や「もう少しお金を貸してほしい」という裏の声が聞こえてくるのです。

過去に借金を返済する際に返す日取りを守ることができなかった、もしくは返済する額が準備できずに無視してしまったという事は完全に人との約束を破ったことになります。そうなると以前のキャッシングの枠の回復もできなくなってしまうのです。

一度破った約束を復活させることは困難です。

また、そのような遅延などの情報は確実に他の消費者金融やカードローンの会社に出回ります。この事から「ここのキャッシング枠が復活できないから違うところでまた契約しよう」という事を考えてもほとんどできないと言ってもいいでしょう。

ただそんな中でも借金ができるところというのはそういう人を助けるように見せかける闇金融の会社です。「他の会社でキャッシングができないならうちは審査もなし、過去の遅延も関係なくお金を貸しますよ」という甘い文句を吹きかけてきます。その文句に載ってしまい、結局元の借金の金額の倍以上という金額だけが残ってしまうこともあるのです。それが借金、カードローンといったものの怖さなのです。

「まだ残金も余裕で残っているし、いざとなったら枠の復活もできるから大丈夫」、そんな考え一つで人生が狂ってしまう事があるのです。

お金というものは本当に怖いものという事を覚えておかなければいけないのです

金を簡単に借りる方法を知りたい、手っ取り早く金が欲しい!

誰もが「お金が欲しい」と思っていることは口には出さないけれども心の中で呟いていることです。

何か欲しいときや旅行に行きたいといった時は前もって準備をしてしっかりとお金の面で計画を立てて行う方が良いのです。

しかし中にはいきなり「違うところに行くんだ」と言って無計画のまま何かを行ってしまう人がいます。

この差は「計画」のなかでも「金銭面」での計画です。

きちんとお金をためて旅行や買い物をする人は借金から縁遠い生活を送っているのですが、いきなり何かをする、どうしても今これがほしい、といった衝動にとらわれがちの人は借金をしやすいのが特徴です。

このような無鉄砲な人たちの口癖は「簡単に金が入らないかな」という言葉なのです。みんなそう思っていてもなかなか言えませんが、突発的にパッと言ってしまえるのはこのように無計画の人たちばかりなのです。

確かに今は銀行系のカードローンやキャッシングコーナーといったところを見かけますし、24時間営業をしているところもあります。そういうところに駆け込めば無人契約機によってお金を借りることができるのですが、果たして返すことができるのでしょうか。

自分のやりたいことだけやってあとは財布の中には何も残っていなかったなどという事になってしまえば結局は借金の取り立てに追われるだけです。

まさしくお金というものは自分で働き自分で汗水かいて得る物なのです。楽にお金が手に入るならば国民は働かないでしょう。

それでも「どうしてもさっさと金を借りたい」という人にはカードローンやキャッシングではなく闇金融や消費者ローンがいいのではないでしょうか。ただし金利は法外、返すことができなければそれこそ小説や漫画の世界ではないですが狭く労働環境も良くないところで借金を労働で返さなければなりません。女性だってよくドラマでそのようなことを言われています。

「お金を借りる」、「借金をする」という事はそんなに簡単にできないことを覚えておかないといけません。私たちはなぜ苦しく辛い思いをしながら朝も夜も働き、頭を下げているのでしょうか。それはすべて「労働をお金に換える」からなのです。

それをいとも簡単に「ほしい」と言ってもらえるのなら世の中消費者金融、サラ金、闇金融だらけになり、利子を高くして返すことができなくなってしまうのです。

そうならないためにもお金を使う目的、意義をしっかりと考えて安易に借金をしないようにしなければ生活が成り立たなくなってしまうのです。簡単にお金がふってくる、こんなことは絶対にありえません。

これってどうなの?過去の借金が夫にバレたら離婚の原因に!?

男女問わず「どうしても金欠で借金に手を出しちゃった」や「ほしいものがあったからカードローンで買っちゃった」という人は少なくありません。それを完済してしまえば後ろめたさはなくなるのですが、そのことがパートナーにわかってしまった時、いったいどうなるのでしょう。

男性の場合は「ちゃんと返すから心配ない」とあっさり認めてしまうか「あれは過去のことだから今更蒸し返すな」と逆切れしてしまうこともあります。これが逆の立場、例えば女性が借金をしていたことがばれてしまった場合、どうなってしまうのでしょう。

もし結婚前に多額の借金をしていた場合であれば、自己破産や任意整理といった手続きをすることで借金から逃れることができます。ただし周りの人に迷惑をかけたという事はきちんと覚えておかなければいけません。例えば連帯保証人を付けていた場合にその人にも迷惑は掛かります。

もし連帯保証人に夫がなっていた場合、これは素直に「どうしてそうなったか」という事を話さなければなりません。妻が自己破産をした場合は夫にも支払いをしなくてはいけないことになりますので、一番大切な人に迷惑がかかると思って差し支えはないのです。

この段階で離婚を迫られることにもなってしまいます。

あと、夫の両親に借金をしていた場合なども離婚の対象になるでしょう。「家を買う」、「養育費がいる」などといったことでお金を借りたとすれば、もしそれが本当であって家計が苦しくとも自分たちは自分たちで稼がなければいけないのです。過去に自分が借金をしたことがある場合、そしてそれが完済していても完済していなくとも素直に話をするのが筋というものなのです。

結婚してからお金はかかります。特に子供が生まれると成長するにしたがって養育費がかさんできます。何人も子供を作った時もそれが繰り返されるのです。昔とは言え借金をした人に金銭感覚があるとは到底思えません。

ですのでこまめに家計簿をつける、どのくらいまでこの部分は出してもいいか、という事がわからない場合などはしっかり夫婦間で話し合う事が必要となってきます。

子供が成長すれば高校、大学とさらに学費がかかってきます。その時に子供に辛い思いをさせないためにも夫に過去を話したうえで、借金の完済や生活費の管理に協力してもらう事が必要となってきます。

離婚せずにいられるには話し合いが必要です。「嫌われる」と思って話さない方がかえって嫌悪感を抱かせてしまいます。そうならないためにも離婚する・しないのまえに話し合いましょう。

利子って消費者金融とカードキャッシング、どっちが安いのか?

借りた物には必ず利子というものが付いてくるものです。これが子供同士の物品の貸し借りやちょっとの間何かを借りたというものならないのですが、金銭に絡んでくると必ず「利子」という言葉が出てくるものです。

これは法律でも決まっており、上限で借りた額の約1割程度は利子として借金に含まれているのです。この利子の金額が異なってくるのが消費者金融や闇金融といった違法な貸し手と銀行などが運営しているローン会社との違いです。

一部の消費者金融では法律の中での利子を守って貸している場合もありますが、本当に借りるところがなかったり、返済で首が回らないといった場合に闇金融に手を出してしまうと違法な利子を督促されてしまう場合があります。そこが銀行ローンや消費者金融、そして闇金融の違いなのです。

キャッシングや消費者金融で申し込みをするときに利子についてきちんと説明を受けるのですが、なかなか聞いていない、わからなかったという事もあると思います。まず双方ともに利子が0%という事はありません。借りる額によって利子もあがってきます。

ですので最初に借りた額に何%の額が利子なのかという事をしっかりと説明してもらう必要があります。

今では消費者金融よりもキャッシングやカードローンの利子が低いとされていますが、広告などを良く見てみるとそう大差はありません。要は「どのくらい信頼してお金を貸すことができるのか」というのが利子と言っていいのではないかと思います。

同じ100万円を借りたとしても今までキャッシングの経歴がなかったり返済がきちんとされている場合は100万円を貸すことができますが、もし滞納や自己破産、債務整理があった場合は貸すことすらできません。それは信用がないからです。利子に関しても貸す額が大きければその分返す額も大きくなりますのでそれに見合ったパーセントで利子を計算することが大切です。不動産などがいい例になります。

これらのことから「利子」と言ってもずいぶんと幅広く、どのカードローンやキャッシング、消費者金融といったところの利子のパーセントが低いのか、というところはまちまちです。

ただし、闇金融や一部の法律を守っていない消費者金融については違法な額の利子を取りますので、気をつけなければいけません。もしそういう違法な業者から借金をしてしまった場合、泣き寝入りせずに相談窓口や警察に連絡をし、相談に乗ってもらう事が必要です。

特に最近流行っているカードローンでは知らない間に利子が増えていたという事例も多くなってきています。物を借りるときは必ず利子がある、そう覚えておかなければいけません。

借金よりもキャッシングって言った方がかっこいいけど、中身は…

現在では「借金」や「高利貸」などという言葉はあまり聞きません。その代わり「クレジットカード」や「キャッシングカード」と呼ばれています。カード一枚でお金が好きなだけ降ろすことができるのですから便利な世の中になったものだな、などと思ってしまいます。

しかしこれは言葉のロジック、いわば錯覚で、キャッシングやカードローンはイコール借金になるのです。

一昔前に闇金融の業者が若者にカードを作らせて最高限度まで借りるよう命令し、そのまま負債は若者に残ってしまうという事が起きました。あれは若者たちとしては単なる「カードを作ってお金をおろしてバイト代をもらう」という気軽な行為だったのかもしれませんが、明らかにクレジットのことやカードローンのことを知らなさすぎたというしかなかったことだったのです。

このような事件が起きてから「本人確認」や「成人認証」という事が厳しくなったのですが、いまだにこのようなものをかいくぐって事件は起きているのです。ただ、「自分がこんなことにかかわってしまったから」という理由で泣き寝入りしている被害者もいることは確かです。

「カード払いで」などというとかっこいい、というイメージがありますがそんなことはありません。要は「カード会社に借金をして支払います。あとで利子もつきますから」という風にとらえてもおかしくはないのです。そういうところが現代人がなかなか理解していないカードのからくりなのです。

若者にしてみればたった一枚で何でもできる夢のような持ち物、と思ってしまうのかもしれないですし、ポイント制度や何かしらの特典が付けばそれだけでもカードを持ちたくなってしまいます。

しかしここで「自分はなんでカードを作るのだろう」という気持ちで立ち止まる必要があります。もしキャッシングをしなくてもいい経済状態だったりすればキャッシングカード、カードローンはいらなくなります。しかし、ポイントだけ貯めたい、そういう時は「キャッシング機能を抜くことはできますか?」と聞くことだってできるのです。

もしポイントカードだけでいいのであればその場で作ればいいだけの話ですし、キャッシングもついてくるカードであれば断っても構いません。その場で無理に借金を作ろうだなんて思わなくてもいいのです。

「キャッシングは借金とは違うよ。ちゃんと返せば楽勝」などと考えている人に限って将来返済に困ることもあるのです。その時はきちんと昔のことを反省し、今後の金銭管理に生かすことが必要です。

「当日借りてその日に返済すれば利子がない」、そんな借金ってあり?

電車の中ずり広告や駅前などのチラシなどで「利子でお困りの方、当日返せば利子はいただきません!」などといった宣伝を見たことがないでしょうか。少なくとも繁華街の張ってはいけない電柱などにたくさん貼ってあるのですが、本当にそんなことあるのでしょうか。

よく「一週間以内で返済をすれば利子はない」というものも見かけるのですが、一日や一週間で返すことができる額に困っているのですからとても矛盾していると言っていいでしょう。

結果的にこの広告というのはからくりがあり、「消費者金融の誘いの一歩」となってしまっているのが現状です。以前法定上の利子をつけて一般人に融資していたという事が問題になり、消費者金融の法律が大幅に見直されたことは覚えているでしょうか。

法律の改正により消費者金融の利子は低く下げられてしまい、その代わり銀行系のローン会社が躍進してきたのです。そのことから消費者金融は客足を戻そうと「~日間無利子」、「一か月なら利子はこれだけ!」と言ったうたい文句を掲げて顧客を戻そうと必死なのです。

確かに借りてすぐ返すことができる金額であればキャンペーン中に利子が低い、もしくは無利子で借りられたという事もあるでしょうが、正直なところお金がないから消費者金融やキャッシングを頼るのであって、借りる額も相当なものになると思われます。

このことから計画的に「この日にお金が入るからきちんと返済ができる」という考えでキャンペーンに参加できるのであればいいのですが、そうでない場合、それは「金がないから借りるけど、利子が少ないところがいい」といった考えによって無利子、もしくは利子の減額といった甘い誘い言葉に載ってしまうと、キャンペーンが終わった時には利子や借りた金額が雪だるま式に増えていき、返済が滞ってしまう事にもなりかねません。

特に「今日中にお金がないと困る」という心理状態の中で「当日すぐに貸します!利子もなし!」と言われてしまえばそこにふらふらと頼ってしまう事もあるのではないでしょうか。しかしそもそもが「必要な日にどうしてお金をためておかなかったのか」、「当日になぜお金がない状態になってしまったのか」という事も問題になってきます。

これは本人の自己責任なので、後々借金が返済できなくてもそれは現実に本人が悪いことになってしまいます。

「自分の財布と相談」とはよく言った言葉ですが、借金をするときもこのような言葉に迷わされることなく、自分の返済計画や収入の有無を実際に冷静に見直して消費者金融や銀行系のローンといったものに相談をすることが大切なのです。

Copyright (C) 2014 無職やブラックでも利用可能なの?キャッシング会社一覧 All Rights Reserved.